読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REARRANGED!!!!!!!!

punk/hardcore/emo memo.

Melodick Punk JAPAN 2017 ~北海道・東北編~

 

そんなわけで大きく出てみましたが
自分が好きな、なおかつ気になった国内のメロディックバンドを
出来る限り紹介していくぞっていうただそれだけの記事です。
かなりざっくりした紹介なので全然メロディックじゃねぇじゃんとか
そこ同系列で紹介しちゃうの?とか
クッソダサいタイトル恥ずかしくないの?みたいな部分も
多々あるかもしれませんがどこかしらリンクする部分が確実にあるはずなので
あんまり気にしないで下さい。
まずは北海道・東北から。

 

最北端釧路で活動するLIKE ARGUMENTSは
ひた向き過ぎるメロディが堪らないラフシンガロングメロディック
要所要所でエモっぽいドラムフレーズ入れてくるのがニクいですね。

 

TOP - LIKE ARGUMENTS

 

youtu.be

 

kilikilivillaからのリリースでお馴染みNOT WONK。
初期はMEGA CITY FOUR meets 現行インディーのような音で
最初聴いた時は度肝を抜かれましたが
現在はより深化したものになっていてそれもまた素晴らしい。

Top - NOT WONK Homepage

 

youtu.be

 

同じくkilikilivillaからのリリースで知られるover head kick girlは
UKメロディックの現代的アウトプットともいえる青春SADメロディック
楽曲から10代後半~20代前半に移り変わる時期の鬱屈のような
感傷的な空気が万遍なく漂うのが特徴。

 

 

http://kilikilivilla.com/post/135842383844/magazine-20151224-over-head-kick-girl-over

kilikilivilla.com

 

over head~のメンバーも在籍するFLX!(THE BAND)は
爽やかだけどそれだけじゃないチョコミント的な味わいのPOP PUNK。
WATERSLIDEで読めるメンバーさんのインタビューで
「CRUZ経由のメロディ+B級ポップパンク」ってワードが
飛び出しててなるほどなーと思いました。

 

 

watersliderecords.com

 

 

息の長い活動を続ける札幌のTWO LAYERS OF PAINTは
RECESSやPLAN-IT X周辺のショボメロディック
CRUZメロディックの合いの手というか
要所要所でヒネりまくった小技を効かせるTLOP節がたまらなくカッコ良いです。

two-layers-of-paint.tumblr.com

soundcloud.com

 

 

初期SNUFF影響下の湿り気あるギターサウンドと酒焼けしまくりなドランクボイス、
Oi/STREET PUNK色強めなコーラスがすこぶるカッコ良いMODERN GOODDAYS。
こちらも息の長い活動を続けていますが
音源を出すたびカッコ良くなってるのが最高ですね。
Vo/Baのコウキさんが別でやっているIRISH PUNKバンド若葉も素晴らしいです。

HOME - moderngooddays

 

youtu.be

 

自らをB grade BURST JUNK FAMICOM PUNKと称すMAPPYは
THE GRUMPIES/NO-HITTER/I HATE SMOKE RECORDS近辺のバンド好きにはたまらない
端子フーフー系バーストポップパンク。
最近出た1stアルバムも60曲入りだし完全にどうかしてますね笑

 

youtu.be


個人的に一推しなのはFLX!(THE BAND)のメンバーが兼任しているRaging man blues。
これSPRAYNERD meets does it floatですよ!

 

 

 

 

The choosersはRaspberriesもビックリのグレートPOWER POPで
とにかくメロディが秀逸ですね~。
7epがオーストラリアのBachelor Recordsからリリースされていたり
世界的にも評価されています。

 

youtu.be

 

 

こうやって振り返るとメンバー被ったりとかもしてるんでしょうけど
北海道の層の厚さ凄いですね。
他にもThe sleeping aides and razorbladesっていう
説明不要の怪物バンドもいますしカッコ良いバンドばかりです。
ちなみにスリーピングのメンバーによるvoid of psychokinesisもとってもハイセンス。
遊び感覚でこういうの作れちゃうんだもんなー。ズルい。

soundcloud.com

 

 

 

北海道から南下してお次は青森県へ。
青森のメロディックといえばやっぱりFATMAN SEMINAR。
キャッチーだけどどこか泥臭いVoの掛け合いが素晴らしいメロディックパンク。
どの曲も最高ですが単独音源に収録されている「ALL FOR ROCK」はもはやアンセム
初期NOT REBOUNDやBOYS NOWなんかを思い出しますね。

 

youtu.be

 

 

JET MOUSEはQUEERSやNOBODYS(US)ぽさも感じる
投げっぱなし系スノッティーPOP PUNK!
ちなみにメンバーさんが掛け持ちしているATHLETiXも
THRASH METAL要素の混じったFUNなハードコアで非情にカッコ良いです。

www.audioleaf.com

 

 

 

 

90年代から活動を続けるSource ageは
初期NINE DAYS WONDERやSEROTONINなどを思わせる
緊張感溢れるPOST EMO/HARDCOREサウンドが圧倒的なカッコ良さ。
ちなみに活動初期はBURNING HEART系のファストメロディックだったらしいです。

物凄い進化ですね…

 

soundcloud.com

 

 

DEAD STOCKは90年代の日本のメロコアっぽい曲が多いんですけど
ANTI JUSTICEみたいなテンポチェンジが飛び出したりする技ありなメロディック
LACK OF SENSEとか好きな人もいけるんじゃないでしょうか。
現在は関東に拠点を移して活動しているようです。

deadstock-since2006.jimdo.com

 

 

地元の重鎮S.P.N POWERも曲中にDESCENDENTSっぽいベースフレーズとか飛び出しますし
こういうのは青森バンドの血筋なんですかね。

youtu.be

 

 

更に南下してお次は秋田県
WATERSLIDE RECORDSのVAに参加していたdidsmileatは
懐かしの西荻系PUNKに90年代emoと激情ハードコア要素を注入した超独自路線。
1人で泣きながら闇鍋してるような音で強烈!

www.youtube.com

 

KOGA RECORDSのVAに参加していたROMANTiKERZは
TheToteBagsとex-THE BUMPiESのメンバーによる男女混声激ショボPOP PUNK。
今も活動しているのでしょうか?

 

 

お次は山形県

山形県酒田市のWALLは80年代DCハードコアの良い所取りかつ
札幌のハードコアバンドのような郷愁感も備えていて
センスえげつないですねー。
近々CREW FOR LIFEから初の単独音源がリリースされるようです。

soundcloud.com

 


そしてWALLのメンバーも在籍しているSTAND ALONEは
TITLE FIGHTやREVELATION RECORDS周辺のバンドの影響も感じる
日本語メロディックハードコア。

要所要所に新世代感ありますね。

 

 

更に南下して杜の都仙台。
RISE AND FALL,SPIKE SHOES,MAKE MENTION OF SIGHT,FLEX,BREAK OF CHAIN,
TASMANIANDEVIL NEVER DIE,ALEXI,Stimulusなどなど
素晴らしいハードコアバンドの多い土地ではありますが
良質なメロディックバンドも多いですね。


仙台メロディックを代表するバンドの1つだったDEEDS NOT WORDSは
先日残念ながら解散してしまったとの事。
ドランク指数高めなライブが観てみたかったです。

 

youtu.be


そのDNWでDrを叩くカンノ氏が在籍するJACK NICHOLSONSは
メンバー全員がシンガロングしまくるラフメロディック
LATTERMANやGET BENT、BLOTTOなんかを思い出します。
何というか7epがめちゃくちゃ似合いそうなバンドですね。

 

youtu.be

 

ex-COMEONFEEL,BACK TO BASICSのメンバーによるBlackEnderは
正統派POWER POPがベースにありつつも
HARD ROCKやHARDCORE的な熱さも感じる熱血POWER POP!
スポーツでいうと野球です。完全に野球です。

 

   

 

同じくex-COMEONFEELのメンバーによるLittle Factoriesは
メンバー全員がVoが取る牧歌的な雰囲気のラフメロディックかと思いきや
哀愁漂いまくりのギターが載ってきたりと
いそうでいないタイプのメロディックパンク。

 

 

 

Little FactoriesでDrを叩いてるOKP氏による

The CheckmatesはWORTHWHILE WAYを
チープかつアノラックぽくしたかのようなジャングリーメロディック
音源を経るごとにバンドの進化の過程が激しく伺えるのでBandcampを聴いて欲しいです。

 

 

 

DETOURはEVERSORやBLEWなどを彷彿させるエモーショナルな渋メロディック
元々最高だったんですけど英語詞から日本語詞になって
マネしようと思ってもなかなかマネ出来ないDETOUR節を完全に確立。
先日リリースされた4曲入りの単独音源「On your mark」も名作です!

 

detour.jimdo.com

 

 

高速メロディックファンの間ではお馴染み
CONVERSATION ZEROはNOFXや初期RANDYを彷彿させながら
良い意味でユーモアを感じさせる音で激渋!

ホーム - CONVERSATION ZEROのホームページ

 


あとcunniling vampireっていうVAGINASORE Jr.くらい
凄い名前のバンドもいたんですけど残念ながら解散してしまった模様です。
初期SANHOSEなんかにも通じるガチャガチャファストポップパンク。
現在メンバーの一部はBOODLEというバンドで活動中とのこと。

 

 

 

岩手にはex-FLEXのメンバー在籍、80年代DCハードコアをより激情化させたかのような音を放つBULLET AND TRAVOLTA、

twitter.com


それと解散してしまいましたがもしもLEATHERFACEが
70年代に活動していたらといった感じの音を鳴らしていたUnderlingというバンドがいました。
福島にはKNOCKBITE(RIP)や
現A PAGE OF PUNKのメンバーも在籍しているKLAXIONS、SHAFTなんかもいますね。


あと厳密に言うと東北ではありませんが
新潟ではex-NO SUPRISE(最高)のメンバーによるTHE MANKY、
ex-NOT THE FAKE A SOMETHINGのメンバーによる
日本語エモーショナルメロディックMountain Wetherが活動中。

 

 


他にもまだまだ良いバンドいるよってのがいたら教えて欲しいです。
関東編に続きます!

 

f:id:rearrangedzine:20170508100540j:plain