読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REARRANGED!!!!!!!!

punk/hardcore/emo memo.

REACHING FORWARD 「BURNING THE LIES」

f:id:rearrangedzine:20170306145216j:plain

 

 

皆さん年末はどうお過ごしになられましたか?
僕は数年振りに実家に戻って
ガキ使の笑ってはいけないシリーズを見ながら
部屋でゴロゴロしてたんですけど
番組を見てて気になった事があってTwitterエゴサーチしたんですよ。
そしたら蝶野正洋月亭方正のビンタのくだりが無いと
年を越した気になれない、あれが除夜の鐘代わりだみたいなツイートが
結構あったんですよね。
それで同じ物事を何年も安定したクオリティで続けると
様式美みたいなところに達してくるのかなーとか思ったんです。
で、様式美を比較的重視した音楽といえばYOUTHCREW HARDCOREだろって事で
今回紹介するのはダッチ・ユーロユースクルーの大名盤
REACHING FORWARDの「BURNING THE LIES」を紹介。
前置き長過ぎですね。

 

ドカドカしまくるドラムが気持ち良い
アタック感完璧なユースクルーサウンドで
エモーショナルなパートを一瞬挟んでくるモダン過ぎないギターが
めちゃくちゃイヤらしくて素晴らしいです。
個人的には「TAKE IT BACK」の最後の「TAKE! IT! BACK!」ってシンガロングからの
キーーーーーンっていうギターノイズが絶妙過ぎてご飯三杯いけますね。
「MELTED MINDS」の確実にツボを抑えた展開もとにかくイヤらしい。
MAINSTRIKE,EYEBALLなどの90'S YOUTH CREW HARDCORE好きはもちろん
国内だとBROKEN RUST,NOTHING REMAINS辺りが好きな人は
絶対気に入ると思いますよ。
ご飯3杯いける感じだと思います。

 

REFLECTION RECORDS(後にBRIDGE NINE RECORDSからもリリース)リリースの全14曲入り。
メンバーは後にABUSIVE ACTION,KNOW YOUR ENEMY,STRIP THE THREADS,
MODERN LIFE IS WAR,NO TURNING BACK,RAZOR CRUSADE,
DOWNSLIDE,SEX DRIVEなどで活動。
上記のバンドは全てハードコアバンドなんですけど
VoのJohnnyはDEAD MIND RECORDSというインダストリアルノイズや
世界中(日本のアーティストのリリースも数種あり)の実験的な音楽を
リリースするレーベルを主宰していて
自らもMasonic Youthというノイズユニットもやっていたり
かなり縦横無尽に動き回っていたみたいです。
REACHING FORWARD結成以前にはMAINSTRIKEにもいたそうですよ。
あと活動後期にDrを叩いていたR.Domsは
Hooghwaterというサイケロックバンドや
The kikという60's ビートな感じのバンドに在籍している(していた?)ようです。
The kikは映像資料を探してみるとテレビ出てるし
かなりデカい所でライブしてるしで本国じゃなかなか人気あるっぽいですね。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com