読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REARRANGED!!!!!!!!

punk/hardcore/emo memo.

WILD ANIMALS「BASEMENTS:Music Too Fight Hypocrisy」

 

f:id:rearrangedzine:20170324200416j:plain

 

 

 

 

 

 

わーい!すごーい!きみはJAWBREAKERのTシャツを着たフレンズなんだねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rearrangedzine:20170324201113j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rearrangedzine:20170324200326j:plain

といったわけで今回はスペインのGREATアナーコメロディックWILD ANIMALSのアルバムを紹介。
今度(っつーか来週)来日しますね。
先にフライヤー貼っておきます。ドーン!

f:id:rearrangedzine:20170324201253j:plain

f:id:rearrangedzine:20170324201337j:plain

f:id:rearrangedzine:20170324201343j:plain

f:id:rearrangedzine:20170324201357j:plain

watersliderecords.com

 

で、今回紹介するアルバム「BASEMENTS:Music Too Fight Hypocrisy」なんですけど
まー男女Voが炸裂しまくる混声メロディック=最高だってのは
約束されたアンスェァー(ANSWER)だとして
ギターとかダイナソーばりにバーストしまくってんのに
この楽曲の風通しの良さは一体なんなんでしょうか。
全曲良いんですけど初っ端の「Sleepless Sundays」でやられて
「Avocado」の90's emo的なリズムチェンジに腰くだけになって
「The Worst Mistake」の素朴さに魂持っていかれそうになります。
HUSKER DUやJAWBREAKER、CLAIRMELばりに染みる湿り気を持ったメロディの中に
初期THE GET UP KIDSみたいな青さや切なさもあってこれズルいでしょ、絶対ズルいよ!
つーか俺の文章力じゃ全然補えないからBandcamp聴けよ!聴いてくれよ!
だから今日はもう終わり!閉廷!以上!解散

 

wildanimalsmusic.bandcamp.com

 


2016年リリースの10曲入り。
CDは日本のWATERSLIDE RECORDSから。
LPはスペインのBCore Disc、La Agonia De Vivir、Pifra records、
イギリスのStrictly No Capital Letters、
ドイツのDingleberry Records、イタリアのEpidemic Records、
スイスのInhumano、ロンドンのGood Post Days Records、
フランスのOne Wild Collectiveによる合同リリース。
カセットはマレーシアのRevulsion Recordsからのリリース。
カセット版の仕様ががめちゃくちゃカワイイ…欲しい…。
あとメンバーのAlfonsoとPaulaがWILD ANIMALS以前にやっていた
Enoch Ardonもドッタンバッタン大騒ぎなエモバイオレンスで
わーい!すごーい!かーっこいー!ので気になる方はどうぞ。

ちなみに僕はアルパカ派です。

 

 

YOU BLEW IT!「GROW UP,DUDE」

f:id:rearrangedzine:20170324195334j:plain

 


今回はフロリダのYOU BLEW IT!の1stアルバム「GROW UP,DUDE」を紹介。

そうですね、ジャケの時点で名盤確定ですね。

てか沢山音源出てるしみんな知ってますよね。
6月に来日するのも知ってますよね。
フライヤーはこちら。ドーン!

 

f:id:rearrangedzine:20170324195716j:plain

 

詳しいあれこれはこちらをどうぞ。

You Blew It Japan Tour 2017 – THE LOST BOYS

 

 

 

 

 

(この記事を書いてる途中に来日を知ったなんて言えない…絶対に言えない…)

 

 

 


BRAIDやAmerican footballなどに代表される
四角い仁鶴がまーるくは収めてくれない90's emoど真ん中なアンサンブルに
ちょいシャガれ気味なVoが乗るエモサウンドがめちゃくちゃ熱い!
このVoが実に良いフックになってて良い感じに頭に残るんですよね。
特にMVにもなっている「Terry v.Tori」は未だにライブのハイライトとなっている名曲。
途中挟まれるツインギターアルペジオ+ハンドクラップが絶妙過ぎて
最近のバンドによくいるAメロ絶対ハンドクラップ促すマン(ウーマン)に
聴かせてあげたいくらいです。

 


2012年Topshelf Recordsからのリリース。
ちなみにプレオーダー(すなわち予約の段階)で
1stプレス500枚が売り切れてしまったそうで
それから5回もリプレスされてる大人気アルバム。
その支持されっぷりはライブ映像なんか観てても物凄く伝わってきます。
リリース後にメンバーチェンジがあり、現在は5人編成で活動中。

 

youtu.be

 

 

akupunktio「13 Track E.P.」

f:id:rearrangedzine:20170324195233j:plain


皆さんは小学生の頃夢中になったものはありますか?
僕はジャンケンマンに課金した額を思うと涙がとめどなく溢れてきます。

といったわけで今回はそんな時期に楽器を持ちバンドを始めちゃった
フィンランドのリアル小学生?PUNKS 3人組akupunktioの13曲入り7epを紹介。

 

曲調は逆上ガチャガチャフィンコアといった感じで
全体的に短い曲が多く、発展途上中の発展途上といいますか、
正直手放しで褒められるようなものでは無いです笑
でも12~13歳くらいの子の初期衝動って実際こんなもんなのかなぁって思うんですよね。
凄くリアルな初期衝動が渦巻いていて聴いてて微笑ましい気持ちになります。
子供のピアノ演奏会とか行ったらこんな気持ちになるのかなー。子供いないけど。

 

2005年、Stay Free Underground Records、Hornie Recordsの合同リリース。
バンドはこの後スプリットと7epを1枚リリースし、解散
ギターのJoonasはSabeliというバンドで活動していたようです。
ドラムボーカルのSeveriもSabeliにいたようですね(ややこしい)

 

 

 

衝撃のライブ映像。かわいい。

youtu.be

ANASARCA「DISCOGRAPHY 1994-1997」

f:id:rearrangedzine:20170321193432j:plain

 

 

今回はDCの激情ハードコアバンド、ANASARCAの
94年から97年までの軌跡をパッケージしたディスコグラフィー音源を紹介。
この音源を買った当時、僕はFASTCOREバンドの編集盤みたいなのをよく聴いてて
ぶっちゃけ最初は7曲かー少ないなーとか思ってたんですよね。
でもその数年後に名古屋のTHE T.V DINNERSが
5曲入りのDISCOGRAPHY出しててマジで度肝抜かれましたよね。
マジで度肝抜かれたし何でか分かんないけど
THE T.V DINNERSの事をもっと好きになりましたよね。
だいぶ話逸れましたね。


最初にANASARCAの事を激情ハードコアと紹介した通り
彼らの音楽性はザクザク感 a.k.a オーザック感のある90年代なギターと
リズム隊(Baの付け方が職人技過ぎる)の絶妙なアンサンブルに
メインのVoもコーラスが呟いたり叫んだりするアレです。
ただ全体的に歌心みたいなものを凄く感じるのが最高なんですよね。
ドーント!(ヘールプ)レーット!(ミッビィィィィ)の
こいつら歌いながら誰かに引きずられてんじゃねぇかってレベルの
ズルズルコーラスがとにかく耳に残る名曲「EAST BUNK HILL」を始め
作品中随一の疾走感を誇る「EVERYTHING WAS BEAUTIFUL AND NOTHING BUT」、
切なさ+ほんの少しのナード感を搭載したエンジナーイズ!コーラスが光る
「ENGINIZE」など名曲だらけ。
個人的には「SO TELL ME」の後半突如襲い掛かってくる
DCエモーショナル一直線なギターにマジZOKKONです。
SAETIAやAMBER INNやEBULLITION RECORDS周辺のバンド、
「background」の頃のLIFETIMEが好きな人なんかもきっといけると思います。


2001年SECOND NATURE RECORDINGSからのリリース。
解散後、VoのNick、GtのChris、BaのJimは
Osceola(同名の激情バンドがいますが別バンドみたいなので注意!)というエモバンドの音源に参加しています。
更にNickはPLANARIA RECORDINGSというレーベルを主宰していたり
THE APPLESEED CAST「Two Conversations」Q AND NOT U「POWER」など
DC周辺の様々なバンドのアートワークも担当していますよ。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

AKROID「RUN FOR YOUR LIFE」



 

f:id:rearrangedzine:20170321190552j:plain

 「特殊ジャケット好きかい?」

 

 

f:id:rearrangedzine:20170321190608j:plain

 「うん、大好きSA!」

 

 

って事で
今回はカナダオンタリオ州トロント出身の
カオティックハードコアバンドAKROIDの「RUN FOR YOUR LIFE」を紹介。


長方形のジャケット。

f:id:rearrangedzine:20170321192945j:plain

中を開けると

こんな感じになってます。

 

f:id:rearrangedzine:20170321193004j:plain

f:id:rearrangedzine:20170321193014j:plain

 

ちなみにCDRです。


楽曲の印象としては全体を覆うタイトかつインテンスな空気がすこぶるカッコ良くて
鋭利でありながら時折怪しげなメロディを鳴らすギターが非情に素敵。
THIS MACHINE KILLSやSHOTMAKER、SOME GIRLS、
THE BLOOD BROTHERSなんかが好きな人も好きかもしれません。

 

GORGEOUS INDUSTRIESからのリリースで8曲入り。
どうやら正方形サイズのジャケのものもあるようなので
気になる人は探してみてはいかがでしょうか。

バンドはこの作品のあとスプリットと単独作をリリースし解散
ちなみにメンバーは当時THE SMILEとKatjaというバンドも掛け持ちしていたようです。
どっちもカッコ良いけど曲だけ聴いてると全く区別が付かない…笑

 

www.youtube.com

 

 

Fourth grade nothing「JACK FROST」

f:id:rearrangedzine:20170321192330j:plain

 

今回は隠れた名エモーショナルメロディックバンドFourth Grade Nothingの
1st&Last 7epを紹介。

 

デモテープと1枚のVAを経てリリースされたのがこちらの作品。
SORE LOSER,GAMEFACE,The Scariesのような瑞々しさと力強さを持った
爽やかだけど熱量充分なメロディックサウンドがX-GUNにカッコ良いですね。
ハモり過ぎないコーラスがまたすこぶる良い塩梅なんです。
で、どの曲もカッコ良いのですが個人的に推したいのは「Jack frost」。
これがインストなんですがTEXAS IS THE REASON+ゲインズヒル周辺のバンドのような
ダイナミックに迫る1曲でやたらカッコ良い!
てか3曲入り7epなのに1曲がインストってのが激渋でたまらんですね。

 

1997年Abridged recordsからのリリース。
バンドはこの作品を残し解散
アルバムを出す予定があったのか、Youtubeで未発表曲が幾つか聴けるんですが
これが表に出なかったのが勿体無いなーって出来のものばかりです。
ちなみにVo/GtだったFrancisは後に POP UNKNOWN(ex-Mineral)に加入。
POP UNKNOWN脱退後はDrive till morningというプロジェクトを開始し
Deep elm recordsからアルバムをリリースしてます。
あと初期The Impossiblesの作品で1曲ゲストギターなんかを弾いたりしているようです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

NOFOOT/PASTWALKER/SPRINGWATER「The Boat Dreams From The Hill」


REARRANGEDを作る前に参考にしたサイトはあるかって?
誰にも聞かれてないですけど一応答えますね。
もちろんですよ!
レビューサイト(っぽいやつ)沢山見ましたよ!


YOUR CHOICE
井筒屋
社会人が仕事もそっちのけでTVにRADIO
HYPER ENOUGH RADIO
PUNKROCK AND AUTOMATIC CITY
CHAOTIC MIND
harmful insect
RUNAWAYS666
The Best Punkrock in England
動画付きでPunkバンドなどを紹介するblog
TheWarpedRadio
Round'n'Round
PUNK WRECK CHORDS
Endless Vacation with PUNK
WE'RE COCKSUCKER!!
日々徒然
HIP CAT'S RECORDSのブログ
スウェーデンへの道
ニカタツブログ


ただの大食いブログ混じってる気もしますけど全然スペースが足りないくらい沢山見ましたよ。
で、今回はその中でも特に見ていたブログの1つ
ショボい、ダサいは褒め言葉Part.2」の管理人であるイデ氏が始めたレーベル
CAT WRECK CHORDSからリリースされた3way splitを紹介。
レーベル名で7割オチてる気がしますがこれが素晴らしい音源なんです。

 

f:id:rearrangedzine:20170321192037j:plain


まずは大阪のNOFOOT。
今までの作品ではUKブルーメロディック meets CRUZメロディックな楽曲を
披露していたのですが
今作では渋メロディック要素が増していて
プロダクションが良くなった影響もあるのか
一種の貫禄といいますか、軽いふてぶてしさすら感じます(褒めてます)。
京都のハートウォーミングメロディックPASTWALKERは
THE LINKS、COMBOYなんかを彷彿させる
VA「KNOW ONE'S STUFF」の4曲目に入ってそうな
とことん甘酸っぱいメロディックパンクが最高!
「ONE」とか聴いてると卒業式にも似た何かをしたくなりますね。もう仕事辞めたい。
最後を飾る長野のSadメロディックバンドSPRINGWATERは
DRIFTAGEなんかを彷彿させる疾走感に溢れた楽曲がメインなんですが
ハッとさせられる大胆なギターワークなどに
良い意味でのローカル感があってとても癖になります。
絶妙に荒削りなのがまた良い味出してますね。


2015年リリースの各バンド4曲ずつ収録の全12曲。
そのうち3曲はカバーでNOFOOTがBLACK FLAGの「Jealous Again」
PASTWALKERはChelsea timesの「A Precious Moment」
SPRINGWATERはI EXCUSEの「Changes For the Worse」をカバーしています。
ちなみにCAT WRECK CHORDSの次回リリースは決まってないようですが
キワッキワなTシャツも作ってたしいずれ何かあるんじゃないかと勝手に思ってます。
もっと具体的に言えばVA「SURVIVAL OF THE CATTEST」だと
勝手に予想してるんですけど当たるかなー?当たんねぇだろうなー。
あとNOFOOTのメンバーが絡んでるHOIST
PASTWALKERのメンバーが絡んでるDIE COMMUNICATIONS
とてもカッコ良いバンドなので気になった方は聴いてみて下さい。